泌尿器の検査

泌尿器科を受診して頂きますと、まずは尿検査を実施しますので、検尿をして頂きます。
来院する際は、できるだけ、尿を溜めてきて下さい。


1.専用のコップに尿をとって頂き、濁り・潜血・尿たんぱく・尿糖などを試験しで調べます。
2.次に、尿沈渣を行い、顕微鏡下で赤血球・白血球・上皮細胞・細菌などを調べます。
以下必要に応じて・・・

血液検査

  腎臓機能、肝臓機能などや貧血などを調べます。
  高齢男性の場合、前立腺がんの腫瘍マーカーPSA検査を行います。
  若い男性の場合、男性ホルモンであるテストステロンなどの検査。
  また、下垂体ホルモンなど内分泌の検査を行います。

尿培養検査

  膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、腎盂腎炎などの感染症に対して、原因菌を検査します。

尿細胞診検査

  尿中に悪性腫瘍の細胞が含まれているかどうかを調べます。

超音波検査

  超音波腎臓、膀胱、前立腺をお腹から超音波を使って  検査します。

膀胱鏡検査

  膀胱鏡と呼ばれる筒状の管を用いて、膀胱内を観察する検査です。外尿道口より膀胱鏡を挿入して、
  尿道から膀胱に至り、腫瘍や炎症を調べます。

尿流量測定検査

  尿流計尿流量計に向かって排尿することにより、尿の勢い・排尿量・排尿時間などを測定します
  

 

コメントは受け付けていません。

← 戻る